So-net無料ブログ作成
検索選択

荷役業者殺害で懲役17年=裁判員「裁判官だけなら15年かも」−静岡地裁(時事通信)

 同業の男性を刺殺したとして殺人罪に問われた元港湾荷役業田辺勝三被告(67)の裁判員裁判で、静岡地裁(長谷川憲一裁判長)は15日、懲役17年(求刑懲役20年)の判決を言い渡した。弁護側は懲役13年が妥当と主張していた。
 判決は「強固な殺意に基づき残虐」と指摘。仕事などをめぐるトラブルで被害者に行き過ぎがあったと認定した上で「殺害するほどの事情はない」とした。
 公判では、田辺被告が遺族に「13〜15年で(刑務所を)出てこられるので、再会できるまで長生きしてください」との手紙を書いたと明らかにされた。裁判員を務めた自営業の30代男性は判決後の記者会見で「(裁判官だけなら)懲役15年になった可能性があり、自分たちが参加した意義があった」と感想を述べた。 

【関連ニュース
【特集】裁判員制度
長男刺殺、二審も懲役6年=裁判員裁判「判断正当」
取り調べDVD、初の証拠採用=裁判員裁判で名古屋地裁
元同僚を刺殺、160万円奪う=タクシー運転手を逮捕
量刑データ、主文に誤りも=入力ミス新たに19件

ガールズバーで中2バイト「稼いで大麻買った」(読売新聞)
<切手セット>遼クンの最年少賞金王を記念 販売受け付け(毎日新聞)
覚せい剤入りゴム袋、大腸内に7個…組員逮捕(読売新聞)
対日協調 米は優先 共同声明 普天間を封印(産経新聞)
<雑記帳>不景気吹き飛ばそう…「いきおい守」増産の人気(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。